WIMAXのエリア確認を試してみたけど

WIMAXのエリア確認を試してみたけど…。

モバイル通信エリアの充実や通信技術の更なる革新など、達成しなければならない事項は何かと残っていますが、LTEは気持ち良いモバイル通信を実現するために、「長期の変革」を遂げている最中です。

WiMAXの1か月間の料金を、なるべく掛けたくないと願っているのではありませんか?そのような方に役立てていただく為に、毎月の料金をセーブするためのコツをご披露いたします。

WiMAXというのはモバイルWiFiルーターであり、屋内でも外出先でもネットが使えて、嬉しいことに月間の通信量も無制限となっている、今流行りのWiFiルーターです。

目下販売されている全モバイルルーターの中で、公平な目で見て推奨できるのはどれになるのかを、そこまで通信関連が理解できていないという方にも分かっていただく為に、ランキング形式でご紹介させていただきます。

案外知らないようですが、「ポケットWiFi」という名前はワイモバイルの登録商標となっているのです。ただWiFiルーターの一種であるという理由から、はっきり言って普通の名詞だと認識されていると言ってもいいでしょう。


ワイモバイルと言いますのは、NTTDoCoMoなどと同じく自社にてモバイル用回線網を有し、個別にサービスをマーケット展開する移動体通信事業者で、SIMカードだけの小売りもやっております。

「モバイルWiFiの内、高速&無制限モバイル通信ということで有名なWiMAX2+(ギガ放題)とワイモバイル提供のポケットWiFiのいずれにした方がお得か決めかねている。」と言われる方を対象に、双方を比較していますので是非ご覧ください。

LTEと同等の高速モバイル通信が期待できるWiMAXという通信規格も高い支持を受けています。大概ノート型PCなどで使われており、「好きな時に好きな場所で高速通信が楽しめる!」というのがセールスポイントです。

LTEと申しますのは、スマホであったり携帯電話などで使用されている新規の高速モバイル通信技術です。3G回線と4G回線の間に位置する通信規格ということもあり、WiMAXと共に3.9Gとされています。

「WiMAXのエリア確認を試してみたけど、その通りに電波が来ているのか?」など、ご自分が常日頃PCを利用している所が、WiMAXが利用できるエリアかエリアじゃないのかと頭を悩ませているのではないですか?


モバイルWiFiルーターを選択する場合に、特に手を抜かずに比較すべきだと思うのがプロバイダーなのです。プロバイダーそれぞれで、売っている機種だったり料金がまるで変わることが分かっているからです。

ワイモバイルのポケットWiFiが良いという噂を信じて、初めて利用してみたのだけど、これまで持っていた何ら変わらないサービスを推進している同業他社の物と対比しましても、通信クオリティーなどの面はまったく同等レベルかそれ以上だと感じました。

「ギガ放題プラン」で支持を集めるWiMAX。高速モバイル通信限度がないモバイルWiFiルーターとして売り上げを伸ばしており、導入に関しても余計な工事が要らず、プラン内容を他と比較すれば月額料金もそれほど高くありません。

「WiMAX」「格安sim」「ワイモバイル」の3種類を対象に、それらのプラスポイント・マイナスポイントを念頭に置いた上で、利用状況に見合ったモバイルルーターをランキングの形でご紹介します。

WiMAXの新鋭版として登場してきたWiMAX2+は、従来モデルであるWiMAXの3倍という速さでモバイル通信をすることができます。それに加えて通信モードをチェンジすれば、WiMAXとWiMAX2+に加えて、au 4G LTEも使用できるのです。